2008年11月4日火曜日

子育ては難しい

 随分と前に父親を金属バットで殴った超難関高校出身の予備校生が話題になった事が有りますけど、今やこの手の事件があちこちで起きていて、もはや驚くような事でないという、世も末のような時代になってしまいました。

 子供たちの成長を見ていると、何やら不思議な気持ちになります。

 小さかった頃はみんな素直で可愛かったのに、それが登校拒否になったり、グレてしまったり、どこをどう間違えてそういう風に育ってしまうのか・・・。

 子育てというのは、本当に難しいものだと思いますね。

 そうした世間を見ていると、私の子供たちは本当に良くぞここまでキチンと育ってくれたと毎日感謝する日々です。

 別にものすごく頭が良いとか、何か特技が有るとか、運動神経がすごいとか言う事は全くないけど、自分の事が出来て、家族と仲良く接して、世間ともキチンと付き合うことが出来るごく普通の若者に育ってくれた事がうれしい。

 本当に賢い子供というのは、勉強に秀でている子供と言うよりも、自分がすべき事をキチンと弁えて行動できる子供の事を言うのだと思います。

 子育ての基本は、子供と出来るだけ一緒の時間を作って、褒めるべきところでは褒めて、叱るべきところでは感情的にならずにキチンとしかるというところではないでしょうか。

 これが結構難しいんですけどね。


子育て

0 件のコメント: