2008年11月5日水曜日

企業法務の重要性

 ここ数年、コンプライアンスという言葉が一般的になってきて、まぁ法令遵守なんてごく普通の事なんですけど、それだけ不祥事が多く発生して問題になっていると言う事なのでしょうか。

 雪印や船場吉兆の例を見るまでもなく、又はメガバンクのATMトラブルなどの問題に限らず、今は企業のリスクマネジメントが問われる時代で、ここの対応を一歩間違えるととんでもない事態に陥ってしまいます。それこそ企業存続の危機に繋がってしまう。

 勿論食品偽装などに限らず、世は押しなべて企業に厳しい視線を向ける時代ですから、そういう意味では、大きな企業ほど企業法務の重要性が高まっているという事なんでしょう。


 私は法務と直接係るような仕事をした事は有りませんけど、非常に複雑化した現代社会において、法律の重要性を認識して、法令を理解出来る人材というのは貴重な存在なんだろうと思います。

 ハッキリ私には向いていないですけどね。

0 件のコメント: