2008年11月30日日曜日

サンワード貿易のマーケットコラム

 サブプライム問題に端を発したアメリカ発の金融不安は、なかなか収まる気配がしません。

 おかげでリスク商品から資金が逃げ出して、世界的に株や不動産は大きく下げていて、それは日本でも同じ。

 これだけ株価下落が続くと、実体経済にも大きな影響が現われて、最近は企業の倒産が増えているみたいですし、それが更に負の連鎖を呼んで景気の悪化を進行させるようです。

 正直私自身も、人には言えないくらいの大きな損失を抱えていて困っています。

 しかし又、ピンチはチャンスでも有るし、こういう時にこそジックリと腰をすえて、色々と勉強した上で資金の運用を考えたいと思います。

 商品先物取引などを扱うサンワード貿易のコラムを読むと、金価格についての考察やら原油価格の高騰に関しての調査とか、なかなか普通の人が入手できない情報が満載されて勉強になりますね。

 今のところ商品先物にまで手を出すつもりは有りませんけど、世の中は色々なことが相互に影響を及ぼしあっているわけですから、こういう知識を得ると言う事は大切な事ですよね。

0 件のコメント: