2008年11月10日月曜日

FujitsuのScanSnap

 早いもので今年もいつの間にか11月になって、急に寒くなってきました。

 そろそろ年賀状を作る季節が来ます。

 私も以前はマメに版画を彫ったりして年賀状を作っていた事も有りますけど、ここ10年以上はパソコンを使って年賀状を印刷しています。なかなかデザインに凝るのが大変で、近頃は簡単な素材集からお手軽に作ってお茶を濁す事が多いですね。

 しかし皆が皆私のように手をかけないで年賀状を作成しているわけでもなく、なかにはとても素敵な年賀状を作る人もいる。

 そうして戴いた年賀状を正月にゆっくりと眺めて、会う事のない友人知人の近況を知るのも、正月の楽しみの一つです。


 届いた年賀状は捨てるのも忍びないし、時系列的にみると友人達の変わりようも何となく分かるので、年毎に保存してたまに古いものを見るのですけど、どうも私は整理が下手で、近頃では何年のがどこにあるのか分からなくなったりします。

 こういう時、年賀状もデジタル化してデータベース化して保存してあると、場所も取らないし検索も簡単に出来るし、けっこう便利なような気がする。特に最近では住所録とうまく連携して、ハガキのイメージが保存できるソフトもあるようですし。

 いま簡単に素早くスキャンできるスキャナと言えば、FujitsuのScanSnapが定番。パーソナルなタイプで、A4両面カラー原稿を毎分18枚読み取れるのは、やっぱり高速ですよね。


 「ScanSnap S510シリーズ」は先着10,000名を対象に、Acrobat最新版の「Acrobat®9」に無償アップグレード・キャンペーンも実施中だそうです。



0 件のコメント: