2008年9月14日日曜日

アバウト・ア・ボーイ

 映画「アバウト・ア・ボーイ」をDVDで観ました。

 ロンドンに住むウィル(ヒュー・グラント)は、38歳で独身。ミュージシャンだった亡き父の一発ヒットソングの印税が入るおかげで、無職だが気楽な生活を送っている。

 プレイボーイのウィルはシングルマザーと付き合おうと画策して、12歳の少年マーカス(ニコラス・ホルト)と出会うが、マーカスの母親フィオナ(トニ・コレット)はひどい鬱病で自殺を図る。

 母をこれ以上一人にしておけないと考えたマーカスは、ウィルと母を何とか取り持とうとして、ウィルのアパートに入り浸るようになり、他人と真剣な付き合いをしてこなかったウィルの生活の中にマーカスが入り込んでくる。


 こういうフラフラした優男を演じると、ヒュー・グラントはいい味を出しますねぇ。いい男なんだけど、どこか抜けているような人の良さがにじみ出てくるみたいで、私はけっこう好きな俳優さんです。

 ハートウォーミング系の物語で、空っぽの男と評されても気にしていなかったウィルが、段々と変わっていく辺りが良かったですね。


0 件のコメント: