2008年10月4日土曜日

トップ・アスリートたちの魅力

 キターというCMでおなじみのサンテFXネオのサイトで、トップ・アスリートにさまざまな思いを語ってもらうと言う「FX PEOPLE Special !!!!!」が連載開始されました。

 第1回目は、ハンドボール人気を押し上げたあの宮﨑大輔選手が登場しています。

 宮崎選手は、日本の各スポーツ界を代表するトップ・アスリートが跳び箱など複数の競技を競うエンターティメント系のTV番組にも登場して、間接的にハンドボールを広めていると思いますけど、こういう一見お遊びのような活動を通してスポーツを広める役目と言うのも、大切な事だと思います。

 トップ・アスリートがすごいのは、例えば北京オリンピックの北島康介を見ても思いますけど、バラエティでも普通の人が中々出来ない事を簡単にやってのけてしまうとビックリします。

 それに何と言っても、パラリンピックのような身体の不自由な方が競い合う競技でも、何だか信じられないような能力を発揮されて、健常者であろうと障害を抱えていようと、見ている人に感動と力を与えてくれる力がある。


 日本のハンドボール界は、中東の笛への抗議で、必ずしも日本のためにプラスでないにしても、フェアということを前面に押し出して世間の賞賛を浴びましたけど、こういう姿勢もスポーツの大きな役割であり魅力だと思います。

 スポーツは爽快感と言う意味ではサンテFXネオに繋がるし、これはなかなか良い企画ですね。


 

0 件のコメント: