2008年11月9日日曜日

「4分間のピアニスト」を観ました。

 映画「4分間のピアニスト」を、DVDで観ました。

 若かりし頃フェルトベングラーからピアノの才能を絶賛された事があるという年老いたピアノ教師が、殺人罪で服役中の感情の起伏の激しい女性と出会って、彼女のピアノの才能に驚き、人となかなか打ち解けない性格の彼女のレッスンを始める。

 感動のヒューマンドラマという感じで観ましたが、私が想像していた内容の作品とは少し違った印象でした。

 囚人女性の気持ちの変化と言うことよりも、年老いたピアノ教師の戦時中の過去
の出来事を回想する場面が多くて、芸術に命をささげてきた女性の心のうちを描いた作品という気がします。

 それとは別に、ピアノ教師から下品な音楽と下に見られている現代音楽を、自分の中に溜まっている鬱積を吐き出すような形で表現したい囚人女性の葛藤のようなものも、少し感じさせてくれる作品でした。



0 件のコメント: