2008年11月1日土曜日

「スパイダーウィックの謎」を観ました

 DVDで映画「スパイダーウィックの謎」を観ました。

 両親の離婚で、母親が受け継いだ森の奥にある古い屋敷に引っ越してきた一家4人だが、どうもこの家には不吉な影が潜んでいそう。

 父親が好きで離婚に納得できていないジャレッド(フレディ・ハイモア)は、隠された部屋を発見し、その中でしまいこまれていた奇妙な本を見つけるが、それは80年も前に姿を消したこの家の持ち主の大大叔父が書いたと言う妖精図鑑だった。

 何でもその本を悪しき妖精オークが手に入れる時、妖精たちも人間界も悲惨な事になるという。

 そしてその本を手に入れようと、オークとその部下のゴブリンたちがジャレッドとその家族に襲いかかる。

 私が観るフレディ・ハイモアの映画って、彼がいつも良い子を演じているような映画でしたが、この作品ではちょっとスネたような違った感じの少年を演じていました。

 冒険ファンタジィですけど、CGも良く出来ていて中々面白い作品でした。怖いとまでは言わないけど、それなりに見せ場も作っていました。


0 件のコメント: