2008年11月10日月曜日

「セレンディピティ ~恋人たちのニューヨーク~ 」を観ました

 映画「セレンディピティ ~恋人たちのニューヨーク~ 」を、DVDで観ました。

 クリスマス間近の夜、セレンディピティという店で偶然に同じカシミヤの手袋を手に取ったジョナサン(ジョン・キューザック)とサラ(ケイト・ベッキンセイル)は、それぞれ恋人のプレゼントを探していたのだが、お互いに惹かれ合う。

 しかし神秘主義に凝っているサラは、もしも二人の出会いが運命だったとしたら必ずまた会えるはずと言って、ジョナサンの連絡先を書いた5ドル札を売店で使い、自分のフルネームと連絡先を書いた本を古本屋に売る。

 その一夜から数年後、再会を望みながらも出会いはなかった二人は、それぞれの結婚を控えているが、どうしてもお互いに諦めきれず、短い時間の中で真剣に相手を探し始める。


 セレンディピティとは、幸せな偶然とか言う意味らしいけど、まぁ現実にはありえないファンタジーのようなロマンチック・コメディ作品です。

 登場人物は基本的にみんな良い人だし、ケイト・ベッキンセイルはとても可憐で美人だし、ジョン・キューザックも格好良いし、こういう作品に合ったキャストで、全体的に洒落た雰囲気の作品です。

 けっこうこういう作品は好きです。


0 件のコメント: