2008年11月8日土曜日

映画「彼が二度愛したS」を観ました

 本日公開の映画「彼が二度愛したS」を観ました。

 シャイな会計士ジョナサン(ユアン・マクレガー)は、会計監査を残業しながらこなしているビルで弁護士のワイアット(ヒュー・ジャックマン)と出会う。

 人当たりが良くて魅力的なワイアットと意気投合したジョナサン。一緒にテニスをしたりするが、ある日間違えてワイアットの携帯電話にかかってきた電話に出たところ、それはセレブたちの秘密の情事が行われている会員クラブからの電話だった。

 さまざまな女性達との情事にのめり込んでいくジョナサンだったが、そんな中出会った若い女性S(ミシェル・ウィリアムズ)は、以前地下鉄で言葉を交わし、心を惹かれた女性だった。つかの間の情事ではなく、本気で恋をするジョナサンだったが・・・。

 という展開で始まるサスペンス映画です。

 何となく話の先が見えてしまうのが残念ではありますけど、ユアン・マクレガーが都会で孤独を感じている寂しい会計士を巧みに演じ、ヒュー・ジャックマンの悪役ぶりもなかなか堂々とした演技で良かった。

 今ひとつ緊迫感は感じませんけど、映画全体にミステリアスな雰囲気がある作品でしたね。

0 件のコメント: