2008年12月29日月曜日

映画「チーム・バチスタの栄光」

 映画「チーム・バチスタの栄光」をDVDで観ました。

 心臓手術「バチスタ手術」の専門集団で、26連続で手術に成功していた桐生恭一助教授(吉川晃司)をリーダーとする東城大学付属病院の奇跡の「チーム・バチスタ」と呼ばれる専門家チーム。

 しかし突如3例続けて術中死が発生し、その原因調査のために心療内科医師の田口(竹内結子)が調査をする事になる。

 渋々にわか探偵を引き受けた田口だが、当然原因に思い至るわけもないが、そんな田口とチーム・バチスタの面々の前に、厚生労働省からとんでもないキャリア官僚白鳥(阿部寛)が現れて、再調査を始める・・・。

 「このミステリーがすごい!」大賞受賞の海堂尊の原作小説を映画化した作品ですけど、正直言えばやっぱり原作の方が面白かったですね。

 こういう作品は人物をどういう風に書き込むかが大切で、そういう点では活字の方が向いているミステリィであることは間違いないでしょう。

 原作は医学会が抱えるさまざまな問題点を、巧みに炙り出しながら素晴らしいミステリィに仕上げていましたが、それを2時間程度の時間で描ききるのはチョッと無理があったような感じがします。


0 件のコメント: