2009年1月17日土曜日

「ターミネーター3」

 映画「ターミネーター3」を今更ながらDVDで観ました。

 「ターミネーター」、「ターミネーター2」となかなか評判が高いターミネーター・シリーズですけど、この3は公開時今ひとつの評価のようでした。

 アーノルド・シュワルツェネッガーも全盛期を過ぎて、やはりこういうアクションはそろそろつらそうですが、女ターミネーターT-Xを演じるクリスタナ・ローケンが迫力ありました。ただちょっと可愛い顔立ちなので、こういう役には何だか違和感があるなぁ。

 ヒロインのクレア・デインズは、「スターダスト」でも思ったけど小母さんっぽく見えてしまう。スパイダーマンのキルステン・ダンストと同じように少しごつい印象を受けるからでしょうか。

 映画の内容自体は面白かったですけどね。成る程こういう風になったかと思いました。タイムスリップ物は常にパラドックスが気になるけど、全てにおいて納得できる作品は少ないですけど、この作品もそういう点では納得は出来ないけど収まりは良かったような気がします。


0 件のコメント: