2009年1月4日日曜日

映画「星に想いを」を観ました。

 1994年の映画「星に想いを」をDVDで観ました。

 自動車修理工のエド(ティム・ロビンス)は、修理に立ち寄った数学者のキャサリン(メグ・ライアン)に一目惚れするが、実は彼女は何とあのアインシュタイン博士の姪だった。

 アインシュタインとその仲間の世界的な科学者達は、実直で気の利くエドが気に入り、心理学者と愛のない婚約をしているキャサリンをエドに結び付けようと、エドを市井に埋もれた天才物理学者としてキャサリンに紹介できるように画策するのだが、これが大事に発展して行き・・・。

 まぁ一種のラブコメだと思いますけど、何しろアインシュタインが登場する映画ですからねぇ。キャサリン役は別にメグ・ライアンでなくても良かったと思いますけど、この作品のメグ・ライアンは可愛いですね。

 何となく現代のせせこましさがない時代を感じさせる作品で、なかなか良かったですね。


0 件のコメント: