2009年1月11日日曜日

「マッチスティック・メン」を観ました

 リドリー・スコット監督、ニコラス・ケイジ主演の2003年の映画「マッチスティック・メン」をDVDで観ました。

 潔癖症で広場恐怖症でヘビースモーカーで、精神安定剤がないと生活できないロイ(ニコラス・ケイジ)は、相棒のフランク(サム・ロックウェル)とともに詐欺を働いて生きている。

 精神分析医に別れた妻の事などを話しているうちに、14歳の娘アンジェラ(アリソン・ローマン)が居る事が分かり、彼女と会って自分が詐欺師であることを告げてから、ロイの生活が大きく変化していく事になる。

 いやいや、これは中々の作品です。ネタバレになるようなことは書けませんけど、ひょっとしたらとおしまいの方で思いましたけど、まぁ私もこの作品には見事にだまされましたね。

 あんな映画こんな映画を思い出して比較してしまうような作品です。

 ただラストシーンが良かったから後味は悪くない。一度観る事を薦めたい作品ですね。


0 件のコメント: