2009年2月11日水曜日

「007/慰めの報酬」を観ました

 映画「007/慰めの報酬」を観ました。

 ご存知イギリスの諜報部MI6に所属するスパイ、ジェームズ・ボンドの活躍を描くスパイ・アクション・シリーズです。

 どうも前作の続きになっているようで、前作で愛する女性を失ったジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)が彼女を操っていた組織の陰謀を明らかにする過程で、環境保護を隠れ蓑にしながら天然資源による世界支配を目論む悪の組織に挑むという内容になっています。

 映画館で007を観るのは久しぶり。多分ショーン・コネリー以来だと思います。

 あの頃の小粋なプレイボーイのジェームズ・ボンドからすると、結構なハードボイルド風のタフガイになってしまって、普通のアクション映画っぽくなってしまったなぁというのが率直な第一印象ですけど、逆に言えば世界がそれだけ複雑になってしまったという事でもありますかね。

 ただ始まっていきなりのカーチェイスやら裏切りやらが有って、息も切らせぬアクションの連続で、007シリーズの息の長さが分かるような質は流石でしたね。

 ちょっと人が簡単に死にすぎると思いますけど、それもこのシリーズの持ち味なのかも知れない。

 エンディングでジョン・バリーの「ジェームズ・ボンドのテーマ」が流れると、ああ良いなぁと思うのはシリーズ物ならではですね。



 

0 件のコメント: