2009年2月1日日曜日

スリーピー・ホロウ

 ティム・バートンの監督作品の映画「スリーピー・ホロウ」をDVDで観ました。

 ジョニー・デップが気味の悪い扮装で出てくる映画だとばかり思っていたので、今まで観る事もなかったのですけど、なかなか面白いという評判だったので観たところ確かに面白かった。ジョニー・デップは普通だったし・・・。

 1799年のNY郊外の村スリーピー・ホロウで、人間の首を切り落とすという連続殺人事件が発生する。近代的な捜査手法を研究しているニューヨーク市警の捜査官のイガボットは、この事件解決のために送り込まれるが、村の有力者達から事件の犯人が昔この村の近くの森で殺されたドイツ人傭兵の「首なし騎士」だと聞かされる。

 半信半疑なイガボットだが、そのうち本当に首なし騎士に襲われて・・・。

 というちょっとユーモラスな雰囲気も少しあるゴシック調のホラーサスペンス。

 村の有力者の娘でイガボットと恋仲になるカトリーナを演じるクリスティーナ・リッチが、また少しクセが有る風に描かれていて、彼女も少しジョニー・デップ同様に不気味な雰囲気が出せる女優さんなので、こういう作品に有っているように思います。

 中々面白い作品でした。

0 件のコメント: