2009年2月8日日曜日

「天使のくれた時間」を観ました。

 映画「天使のくれた時間」をDVDで観ました。

 もしもあの時ああしていたら、というテーマを描いたヒューマン・ファンタジィ。

 弁護士を目指す恋人ケイト(ティア・レオーニ)と別れて、金融関係のキャリアを積むためにロンドンへ旅立ったジャック(ニコラス・ケイジ)は、13年後ウォール街で投資会社の社長を務めて独身で優雅な生活をおくっている。

 ところがクリスマス・イブの夜に立ち寄った店で、銃を振り回す不思議な黒人青年(ドン・チードル)と出会った翌朝、目が覚めてみるとケイトが妻になり子供2人に囲まれた別の人生の中にいた。

 一種のクリスマス・キャロルのような作品だと思いますけど、朝起きたら学生時代の恋人と同じベッドに寝ていて、知らない人生を歩んでいるというのはショックでしょうね。

 しかも主人公のジャックは今の人生が気に入っていたのに、貧しくはないまでも豊かとも言えない経済状況に追い込まれて、高級ブランドの服や高級素材の料理しか知らない男が、安物の衣類や食べ物に甘んじなくてはならない。

 でも誰もがうらやむ成功した人生から、普通の庶民生活に放り込まれたジャックが手にするのは、孤独ではない愛情溢れた家族。初めはもう一つの人生にうんざりしていたジャックだが徐々に別の人生に意義を見出していく。

 似たような主題では「もしも昨日が選べたら」なんて言う作品もありましたけど、こういう別の人生を描いた作品というのは中々興味深いものがありますね。

 小説だと広瀬正の「エロス」が同じ主題で、すごく良かったですけど・・・。


0 件のコメント: