2009年2月14日土曜日

映画「ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー」

 映画「ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー」を観ました。

 アメリカの人気TV青春ドラマを映画化した作品で、いかにもアメリカ人が好きそうな、とても明るいミュージカル映画です。

 いきなりバスケットの試合から会場中を巻き込んだダンス・ミュージック・シーンに変わるところから始まる作品で、試合をしているバスケット・チームのチームカラーの赤と青がきらびやかで、何だかインド映画みたいと思ってしまいました。

 高校3年の最後のバスケットの試合も終わり、これからは卒業パーティの後みんな離れ離れになって、それぞれの道を歩む事になる時期。

 主人公のトロイ(ザック・エフロン)とガールフレンドのガブリエラ(ヴァネッサ・ハジェンズ)は、お互いの進学先が遠く離れてしまう事に不安を抱いていた。

 何だかこういう青春群像は、ちょっと甘酸っぱい感じがして良いですねぇ。

 この二人を中心にして、揺れ動きながらも前に進む若い人たちを、ダンス・シーンとユーモアを絡めながら描いている作品で、何だかんだ言ってもこういうハイスクールの青春が有るとしたら、やはりアメリカという国は豊かな国だなと思います。

 古き良き時代のアメリカのTVシリーズを連想しながら、とても楽しめる作品でした。

0 件のコメント: