2009年2月21日土曜日

映画「デトロイト・メタル・シティ」

 人気コミックを原作にした映画「デトロイト・メタル・シティ」をDVDで観ました。

 予告編とかを観た時には訳分からないと思っていましたけど、それと原作コミックを少しだけ見た感じが好みじゃないかな、という感じでしたけど、実際にDVDを観るとけっこう面白かったですね。

 明るいポップソングでミュージシャンとしてデビューしたかった大分のイナカ出身の好青年根岸崇一(松山ケンイチ)は、所属した事務所の女社長(松雪泰子)がヘビメタ命だった事から何故か全く好きじゃない悪魔系のヘビメタバンド「デトロイト・メタル・シティ(DMC)」のギターボーカル「ヨハネ・クラウザーII世」として厚化粧に奇抜な服装をして活動する事になる。

 ある日大学時代の友人で憧れの女性相川由利(加藤ローサ)と再会するも、彼女は崇一がバイトをしながらポップソングを唄い続けていると信じていて、たまたま見かけたDMCをキライな音楽と話す。

 由利の事も気になるし、DMCと自分のやりたい音楽との違いに悩む崇一だったが、そうこうしている内にDMCはドンドンとメジャーになり、「ヨハネ・クラウザーII世」はヘビメタ界のカリスマになってしまう・・・。


 憧れの女性に正体が知れないようにしたり、彼女が違う男と遊園地に居るところを見て嫉妬に狂ったりと、自分の信念に相反すると思う生き方や愛する人との関係に悩む青年を松山ケンイチが笑わせながら見事に演じています。彼はしかし天才的な役者さんですねぇ・・・。

 それに加藤ローサが何とも可愛い。松雪泰子はちょっと怖い。
 
 崇一の母親役の宮崎美子が又良く似合っていて、昔ピカピカに光っていた女の子が、いつの間にかお母さん役ピッタリになっちゃったのかと感慨深いものがあります。


 観る前に思っていたよりも面白い映画でした。ギャグも有るけど、どこかキチンとした土台が有る作品のように感じられます。でもこれは多分、原作コミックの雰囲気とは微妙に違うんでしょうね。

 良い意味で予想が外れた作品ですね。

0 件のコメント: