2009年10月17日土曜日

映画「私の中のあなた」

 映画「私の中のあなた」を観ました。

 幼くして白血病に罹った長女ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に適合する臓器提供者とするため、遺伝子操作で次女アナ(アビゲイル・ブレスリン)を出産したサラ(キャメロン・ディアス)とブライアン(ジェイソン・パトリック)のフィッツジェラルド夫妻。

 ケイトを失うまいとして、弁護士を辞めて娘のためにつくす母親のサラ。姉思いのアナの協力で命を取りとめているケイト。

 フィッツジェラルド家はケイトの病魔との闘いを中心として築かれている。

 しかしいよいよケイトの具合が悪化して、新たに臓器移植手術を行う必要が起きた時に、11歳のアナは著名な弁護士キャンベル(アレック・ボールドウィン)に、姉への腎臓提供を拒否するために両親を相手に訴訟を起こすように依頼する。


 この作品は良い映画だと聞いていたし、アナが臓器提供を拒むのにも家族の事を思った理由があるという事も聞いていましたが、正直ヒューマン・ストーリーだけど単純なお涙頂戴のお話なんだろうと想像していました。

 確かに泣けました。泣けたけど、お涙頂戴を狙った映画では決してなかった。

 白血病と言う重たい病気に罹った娘と、その妹・弟、そして両親の苦難と家族愛と、人が生きる事そして死ぬ事を真摯に捉えた映画でした。

 過去と現在を巧みに交差させた演出も効果的だったし、ケイトと同じく白血病の病気の少年テイラー(トーマス・デッカー)との恋もとても清々しかった。

 アビゲイル・ブレスリンとキャメロン・ディアスという人気女優が共演して、この二人がメインの映画のように見えるけど、この作品の主人公はケイトを演じたソフィア・ヴァジリーヴァだと思います。不治の病で有りながら明るく健気に生きていく少女を丁寧に演じていて良かったですね。

 想像していた以上に心に響く良い作品でした。


0 件のコメント: