2009年11月23日月曜日

「ターミネーター」をDVDで観ました

 1984年製作のジェームズ・キャメロン監督作品の映画「ターミネーター」をDVDで観ました。

 ターミネーター2やターミネーター3は観ているのに、考えてみれば最初のターミネーターは観た記憶がなかったので一度観ようと思っていました。

 未来の地球で闘う人類と機械。機械軍は人類側のリーダーであるジョン・コナーを歴史上から抹殺しようとタイムマシンを開発して1984年のロスへ殺人サイボーグのターミネーター(アーノルド・シュワルツェネッガー)を送り込む。その使命はジョンの母親サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)を殺害する事。

 しかしその計画を知った人類も、サラを守るため人類軍の戦士カイル・リース(マイケル・ビーン)を過去に送り込む。


 続編が何度も作られた傑作アクションSFシリーズの第1作目で、今こうして観るとCGというよりも特撮と言う時代の作品ですけど、かえって迫力は感じられる映像だと思います。

 こんな化け物のような殺人機械がいる世界で人類が生き延びている事が不思議ですけど、ひたすら使命を果たすために襲い掛かるターミネーターが不気味で、シュワルツェネッガーの無表情な演技が活きています。

 流石に面白い作品でした。



映画「ターミネーター」

0 件のコメント: