2009年12月6日日曜日

「ベッドタイム・ストーリー」を観ました。

 2008年製作のディズニー映画「ベッドタイム・ストーリー」をDVDで観ました。

 小さなホテルの経営者の子供として生まれ育ったスキーター(アダム・サンドラー)は、父親が手放したホテルのオーナーに雇われてメンテナンスを担当している冴えない独身男性。

 ある日小学校の校長をしている姉が新しい職場を探して出かけている間、甥と姪を眠らせるために創作して話したベッドタイム・ストーリーが、何故か現実になってしまう。

 そこでこの現象を何とか自分の昇進に利用しようと考えるスキーターだったが・・・。


 ディズニーのファンタジーは明るくて好きですけど、反面とても脳天気なところがあります。そういう点では典型的なディズニー映画でした。

 まぁ正直言って可もなく不可もなくという感じですけど、あまり映画館でお金を払ってまで観たい映画でもないような作品でした。



映画「ベッドタイム・ストーリー」

0 件のコメント: