2009年12月19日土曜日

歩いても 歩いても

 2007年製作の是枝裕和監督の映画「歩いても 歩いても」をDVDで観ました。

 横山良多(阿部寛)とゆかり(夏川結衣)の夫婦は息子のあつし(田中祥平)を連れて良多の実家に帰省する。

 この日は15年前に海で溺れた少年を助けて死んだ兄の命日。良多の姉ちなみ(YOU)の一家も実家に来ている。

 医者だった父(原田芳雄)と母(樹木希林)は未だに優秀だった兄の事が忘れられず、兄に微妙な劣等感を持っていた良多には実家は気詰まりな場所に思える。

 しかもバツイチで子連れの妻ゆかりとの結婚も、母親は素直に歓迎してくれてはいない。


 別になにか事件が起こるわけでもない普通の一家の夏の日を描いた作品ですが、ちょっと小津安二郎を連想するような雰囲気の作品で、どことなく味わいが有りました。

 淡々と描かれてはいるけど、人間とか人生とかについてちょっと考えたくなるような作品です。出演者も芸達者な方たちばかりなので、特にそんなふうに思えるのかも知れない。

 特に大きな山場があるわけでも感動する場面があるわけでもないけど、途中で止められないような作品でした。



映画「歩いても 歩いても」

0 件のコメント: