2009年12月27日日曜日

映画「タクシードライバー」

 1976年製作のマーティン・スコセッシ監督の傑作「タクシードライバー」をDVDで観ました。

 何となく世間に疎外感を抱き、不眠症に悩み、精神安定剤を常用しているベトナム帰還兵のタクシー運転手トラヴィス(ロバート・デ・ニーロ)は、大統領候補の政治家の選挙事務所で働く女性ベッツィー(シビル・シェパード)に惹かれるが、ポルノ映画に誘って愛想をつかされてしまう。

 自分ではどうしようない焦燥感、彼は非合法の銃を入手して体を鍛え始める。その頃出会った売春婦の少女アイリス(ジョディ・フォスター)と話すうちに彼は・・・。


 1976年か・・・この頃はこんな感じの映画が有ったんですねぇ。

 この作品は先日発表されたキネマ旬報が選ぶ外国映画史上のベストテンの2位の作品で評判が高い作品ですけど、普通に見るととても取っ付きが悪いような作品ですね。

 トラヴィスの異常な行動が目について、これは絶対に何かとんでもない事件を起こすか起こしかけて射殺されるような終わり方だろうなと思えてしまう。

 ベトナム戦争が背景にあるけど、この戦争がアメリカに与えた後遺症を自分の問題として理解するのは中々難しい。それだけに彼の焦燥感や、世界がおかしいと思う気持ちは分からないでもないけど、銃を持つ事で気持ちが変わっていく辺りに共感を抱くまでは至らない。

 ただ彼が起こした事件とその結末は少し意外で、流石にスコセッシ監督だなぁと改めて感じ入りました。

 ラストに何とも言えぬ皮肉を感じて思わず笑ってしまいました。


 あと作品を観ている時にはジョディ・フォスターだと気がつかなかったけど、彼女やっぱり存在感が有りますね。



映画「タクシードライバー」

0 件のコメント: