2010年1月27日水曜日

映画「容疑者Xの献身」を観ました。

 映画「容疑者Xの献身」をDVDで観ました。ミステリィ作家東野圭吾の直木賞受賞作の「ガリレオ・シリーズ」の同名の作品を映画化した2008年の話題作です。

 別れた夫富樫慎二に隠れるようにして中学生の一人娘美里(金澤美穂)と暮らしている弁当屋の花岡靖子(松雪泰子)のアパートに、ある日突然富樫が現れ金をせびる。

 富樫に殴りかかった美里に乱暴する富樫を止めようとして、靖子はこたつの電源コードで富樫の首を絞め殺してしまう。

 錯乱する靖子たちだが、そこに騒ぎを聞きつけた隣人で冴えない高校の数学教師石神(堤真一)が現れて、死体の処分とアリバイ工作をしてくれる。

 そして顔をつぶされ手足を焼かれ身元が分からなくなった状態で富樫の遺体が発見される。

 担当刑事の内海薫(柴咲コウ)は容疑者の一人として靖子のアパートに出向くが、そこで出会った石神が懇意にしている天才物理学者の湯川学(福山雅治)と同じ帝都大出身であることを知り、その事を事件の相談をした湯川に話す。

 湯川に「僕の知る限り本物の天才」とまで言わせた石神に久しぶりに会いに行く湯川だが、石神の様子を見て事件に不信を抱き始める。


 小説は素晴らしかったです。だからこの作品にも興味は有りました。ただ原作では本当に冴えない石神を堤真一が演じるのはどうかな?と思っていましたが、堤真一は流石でしたね。違和感はあまり感じなかった。

 ただ原作と比べるとやっぱりチョット足りない感じは受けます。原作は泣けたけど、映画ではそこまでの感動は受けなかった。

 映画だけ見ればそんなに悪い作品ではないのですけどね。



映画「容疑者Xの献身」

0 件のコメント: