2010年2月14日日曜日

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

 映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」をDVDで観ました。

 黒澤明監督の傑作時代活劇「隠し砦の三悪人」を樋口真嗣監督がリメイクした作品。

 戦国時代、国境を接する早川、秋月、山名という三つの国。強国早川と裕福な秋月は友好関係に有ったが、領民に対して過酷な政治を行って軍備を整えている山名がある日秋月に侵攻し秋月城は陥落する。

 しかし秋月の財宝と世継ぎの雪姫(長澤まさみ)は山名の手を逃れ、秋月の侍大将真壁六郎太(阿部寛)と、ひょんな事から道連れとなった金掘り師の武蔵(松本潤)、木こりの新八(宮川大輔)とともに山名領から早川に抜けようとするのだが・・・。

 史実ではあり得ないような、ちょっと昔風な時代娯楽活劇です。話の展開はテンポが良いし、アクションもなかなか楽しめるけど、流石にたかが金掘り師がここまで活躍しちゃうとう~んと思いますね。深く考える必要のない映画では有りますけどね。

 ただ阿部寛はこういう役を演じてもあまり違和感ないし、なかなか得難い役者さんかも知れないな。

 オリジナルの黒澤作品を観ていないので、チョットどんな感じか観たくなります。



映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」

0 件のコメント: