2010年3月27日土曜日

映画「スタンド・バイ・ミー」をDVDで鑑賞しました

 1986年製作の映画「スタンド・バイ・ミー」をDVDで観ました。

 スティーヴン・キングの短編小説を基に映画化した作品で、世評が高い映画なので一度見てみたいと思っていた作品です。

 1960年代くらいのオレゴンの田舎町に住むゴーディ、クリス、テディ、バーンの4人の少年たちが、中学校に上がる前の夏休みに、行方不明の少年の死体を探しにちょっとした冒険の旅に出る姿を描いた情緒ある作品です。

 原作を読んではいませんけど、この映画はキングの自伝的な要素が有るのかな?成長して作家になったゴーディが回顧するような形で物語が進んでいきます。

 ちょっと粋がっている少年たちの、それぞれが秘めている暗い気持ちと少年たちの成長と友情が瑞々しく描かれていて感動しました。

 何となくアメリカン・グラフティをもっと感傷的にしたような作品で、観ていて自分の少年時代も思い返したりしてノスタルジィに浸り、あの頃永遠に続く友情のような気持ちでいた友人たちは今頃どうしているのだろう、などと思ったりもしました。

 あの頃のような友達は二度と出来ない、というようなラストのセリフも泣けるね。


 主人公ゴーディの亡くなった兄役でジョン・キューザックが優しい姿を見せていたり、キーファー・サザーランドが不良青年役で出演していたりが少し驚きでした。



映画「スタンド・バイ・ミー」

0 件のコメント: