2010年3月29日月曜日

映画「スピード」をDVDで観ました

 キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック主演の1994年製作のアクション映画「スピード」をDVDで観ました。

 部分部分はTVで観たような記憶があるけど、全部通して観たのは初めてだと思います。全然違う話なのに何故かダイハードが頭に浮かんで来ました。

 爆弾魔ペイン(デニス・ホッパー)がビルのエレベーターに爆薬を仕掛けて巨額の身代金を奪おうとするが、SWAT隊員ジャック(キアヌ・リーブス)達の活躍で失敗する。

 これを恨んだペインは、路線バスに時速50マイル(約80キロ)以下になると爆発する爆弾を仕掛けて、その事実をジャックに告げる。

 何とかバスに乗り込んだジャックだが、乗客の中にいたチンピラが警官がバスに乗り込んだことで逆上して銃を発砲し運転手が傷ついてしまう。

 倒れた運転手の代わりにバスを運転するのは、たまたまバスに乗り合わせた女性アニー(サンドラ・ブロック)。

 混み合うロスの高速道路と街中を、大勢の乗客を乗せながら50マイル以下に落とさぬようにしながら向かう先は・・・。


 ともかく息も切らさないアクションで、思った以上に面白い作品でした。

 それとサンドラ・ブロックが意外に可愛かったですね。



映画「スピード」

0 件のコメント: