2010年4月3日土曜日

映画「シャーロック・ホームズ」を観ました

 映画「シャーロック・ホームズ」を観ました。

 19世紀末のロンドン、5人の女性を黒魔術の儀式の犠牲にしたブラックウッド卿(マーク・ストロング)を名探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)とその相棒のワトソン博士(ジュード・ロウ)はスコットランドヤードと協力して捕らえる。

 死刑判決を受けて絞首刑に処せられたブラックウッド卿だが、しかし埋葬された死体は彼のものではなく、復活したブラックウッド卿の黒魔術によって世界を混沌に巻き込もうとする陰謀が着々と進められて行く。

 そうした中、かつてホームズが愛した謎の女性アイリーン(レイチェル・マクアダムス)がホームズの前に現れるのだが・・・。


 ホームズとワトソンを主人公にしていますが、ミステリー作品と言うよりも派手なアクション映画です。

 この作品の主人公のホームズは、洞察力はあるもののちょっと性格が破綻しかかっているような男で、原作では凡庸なホームズの助手という印象のワトソンは、この作品では常識人だけどホームズを捨て置けなくてついつい手助けしてしまうナイスガイというように描かれています。

 そういう点ではホームズとワトソンの男の友情の映画という風にも見えます。


 CGを駆使した当時のロンドンの情景が作品に独特の雰囲気を与えていたように思いますけど、全体的にちょっと薄っぺらい感じがするのが少々残念です。

 シリーズ物になりそうな予感がしますね。


0 件のコメント: