2010年4月17日土曜日

映画「ハッピーフライト」をDVDで観ました。

 2008年製作の映画「ハッピーフライト」をDVDで観ました。

 「スウィングガールズ」の矢口史靖監督がメガホンを取った作品で、航空業界で働く様々な人達をコミカルかつ丁寧に描いた群像劇。

 パイロット役に田辺誠一と時任三郎、キャビン・アテンダント役には綾瀬はるかや吹石一恵などを配置して、整備士や管制官や空港のカウンターで働く人達、運行スケジュールに関係する人たちなど、本当に航空業界の様々な職種に携わる人達それぞれが自分の仕事にいかにベストを尽くしているかを描いて、そういう意味では業界のCMみたいな面も感じますが、それが又ある種の説得力が有ったりします。


 ホノルル行きの国際線に思わぬアクシデントが起こった後では、それなりの緊迫感も伝わってくるし、当初は厳しい機長として登場する時任三郎が段々と剽軽な素顔を出してきたり、ややいい加減なところのある機長昇格試験中の副操縦士役の田辺誠一が格好良いところを見せたりして、全体的に明るく頑張るコメディに仕上がっていて観ていて楽しかったですね。




映画「ハッピーフライト」

0 件のコメント: