2010年5月29日土曜日

映画「ブラザーズ・グリム」

 2005年製作のファンタジィ映画「ブラザーズ・グリム」をDVDで観ました。

 公開時に映画館で観た時には、期待の割には今ひとつだったように記憶していますけど、DVDで見返してみるとまぁそれ程酷いわけでもないかな。


 魔物退治だと偽って賞金稼ぎにはげむペテン師のウィル(マット・デイモン)とジェイコブ(ヒース・レジャー)のグリム兄弟だったが、それを見破ったドイツを占領中のナポレオン軍の将軍に捕まり、少女たちが謎の失踪を続ける森に囲まれた村に送り込まれてしまう。

 そこで出会うのは森の中の高い塔に住む、本当に魔術を使う伝説の女王。グリム兄弟に勝機はあるのか・・・。


 グリム童話に基づくようなシーンもあるし、怖くしようと思えば出来る題材ですけど、ホラー・ファンタジィよりもコメディ・ファンタジィにした作品です。

 もっと雰囲気のある作品を期待したから、公開時にはなんだぁと思ったわけですけど、魔女の住む塔の雰囲気も悪くはないし、CGもアクションもまずまずの出来栄えなので、楽しめるファンタジィだとは思います。

 こういう作品は頭を使わなくて良いよね。




映画「ブラザーズ・グリム」

0 件のコメント: