2010年6月19日土曜日

映画「少年メリケンサック」

 2008年製作の宮藤官九郎監督作品の映画「少年メリケンサック」をDVDで観ました。

 レコード会社に勤める派遣社員のかんな(宮崎あおい)は、動画サイトでパンク・ロックバンド「少年メリケンサック」のライブ映像を発見。

 それを見た気の早い社長時田(ユースケ・サンタマリア)は早速彼らの全国ツアーを企画するが、実はあの映像は25年前のもので、今やメンバーは変わり者ぞろいのオヤジたち。

 その事実を隠してバンドの全国ライブツアーは始まり、かんなも同行するはめになるのだが・・・。

 
 何だかあり得ないような話でしたが、メンバーの兄弟の複雑な思いやら25年前の解散の事情やらが段々と明らかになる展開に中々興味深いものが有ります。

 基本はコメディなんだけど、ナニも考えずにケラケラ笑うタイプの映画とは少し違った感じで、これはこれで楽しめました。



0 件のコメント: