2010年7月11日日曜日

ロストクライム -閃光-

 映画「ロストクライム -閃光-」を観ました。

 ラーメン店の店主が殺害された事件から、三億円事件の真相に迫るクライム・サスペンスです。

 三億円事件の解決まであと一歩と迫りながら、時効になったことを引きずる定年間際の、当時の担当刑事滝口(奥田瑛二)と、彼とコンビを組む事になった所轄署の若い刑事片桐(渡辺大)が、警察内部での事件封じの陰謀に立ち向かいながら、三億円事件の真相とそれに関係した連続殺人事件の犯人を追うというストーリーですけど、どうにも今ひとつ信憑性がないというかリアリティに欠けるというか・・・。

 何故いまさらとも思うし、そんな昔のことを警察がここまで躍起になって秘密を守ろうとする理由も分からないし、そもそも所轄で起こった事件で大きな陰謀のような事を企てられるとも思えないし、全体的に稚拙な感じを受けました。

 出演者はなかなか好演だと思いますが、作品的には今ひとつでしたね。


0 件のコメント: