2010年8月28日土曜日

映画「7つの贈り物」

 DVDで2008年製作のヒューマン・ドラマ「7つの贈り物」を観ました。

 国税局の職員だというベン・トーマス(ウィル・スミス)が、何人かの人物調査をしていた。調査されているのは心臓移植が必要な女性や、目が見えない男性、骨髄移植が必要な人間や虐げられた人など。

 彼はそれらの人たちに、ある贈り物を届けようとしている。

 心臓に深刻な問題があり、余命が幾ばくもない女性エミリー・ポーサ(ロザリオ・ドーソン)もその一人だった。


 果たしてベンは何をしようとしているのか。


 まぁ何となく彼の目的というか考えは想像が出来るけど、ただ実際にラストシーンを見るとやっぱり感動してしまいました。

 理由を彼の弟(マイケル・イーリー)が語るのも説得力があります。


 それにしても、ウィル・スミスの演技力は大したものですね。明るい笑顔を振りまきながらも内面の苦悩を示す表情が胸を打ちます。

 こういうテーマはキリスト教の国では難しいように思いますけど、よくこういう風にまとめたものですね。


0 件のコメント: