2010年9月19日日曜日

ノウイング

 2009年製作の映画「ノウイング」をDVDで観ました。

 50年前にとある小学校で埋められたタイム・カプセル。1年前に最愛の妻を事故で亡くしてから人生がギクシャクしている宇宙物理学者ジョン(ニコラス・ケイジ)の息子は、そのタイムカプセルから出てきた50年前の児童が書いた物を見るが、そこには他の物とは違って謎の数列が紙一面に書かれていた。

 息子が学校から持ち帰ったそのメモを見ていたジョンは、その数列に含まれた法則に目をとめる。

 どうやらそこに書かれているのは、過去50年間に起こった大惨事の発生日とその犠牲者数のようだった。

 しかもそこに書かれた日時には未来の日時も含まれている。

 ジョンはそのメモを残した50年前の少女を探そうとするのだが・・・。

 
 何というか・・・。

 前半のホラー・ミステリィっぽい展開が作品の後半からは一転するようで、おしまいの方は宗教的な雰囲気すら感じられて、しかも「未知との遭遇」のような要素もあるし、大災害を予言してこういう風に展開するのは、らしくないというか・・・。

 一般的なハリウッド的なエンターティメントを期待してみると、やや肩透かしを食わされてような感じがする作品だと思います。

 個人的にはそんなに嫌いな作品ではないけどね。



ノウイング プレミアム・エディション

ノウイング プレミアム・エディション

価格:3,591円(税込、送料別)

0 件のコメント: