2010年10月16日土曜日

映画「ナイト&デイ」

 トム・クルーズとキャメロン・ディアス主演の話題のアクション映画「ナイト&デイ」を観てきました。

 素敵な男性との出会いを夢見るごく普通の女性ジューン(キャメロン・ディアス)が、ウィチタ空港で出会った男性ロイ(トム・クルーズ)。

 ジューンはハンサムで明るいロイに惹かれるのだが、しかしロイは世紀の発明品を持って逃走中の工作員で、しかもジューンとロイが乗った旅客機はロイを追う組織に操られ、その騒動の中で敵の工作員とパイロットまでがロイに殺害されてしまい、旅客機はロイの操縦で不時着を余儀なくされる。

 一旦は危険なロイと離れられたはずなのに、何故かジューンはロイを取り巻く大きな事件に巻き込まれていく。


 コミカルなロマンチック・サスペンス風の作品です。

 こういう作品を作るとしたらこの二人しかいないと言う絶妙のキャスティングで、物語はともかくテンポが良いし、急な場面転換を変に説明しようとせずにガンガン話を展開させていくところが上手い。

 オーストリアとかスペインとか南の島とか、女性の好きそうなロマンチックな舞台を上手に生かして、ありえないようなアクションも素直に見られるし、ロイとジューンの会話がまた可笑しいし洒落ていて理屈ぬきに楽しめる作品です。



0 件のコメント: