2012年9月16日日曜日

鍵泥棒のメソッド

映画「鍵泥棒のメソッド」を観ました。面白かったですねぇ。

雑誌編集長の水嶋香苗(広末涼子)が編集部員を前にして、私この度結婚することになりました、でも相手は未定ですと話しだす場面から始まるコメディです。

古いアパートの自室で首吊り自殺を図った35歳の売れない役者桜井(堺雅人)。しかし自殺には失敗して、財布の中身を見れば千円ちょっとの小銭があるだけ。でも財布の中の銭湯の入場券を見て桜井は風呂に入りに出かける。

桜井がロッカーに着替えを入れている隣で大金が入っている財布をぼんと置いたのが殺し屋のコンドウ(香川照之)。ところがコンドウは風呂に入ろうとして石鹸で滑って頭を強打して気を失い、それを見た桜井は自分のロッカーの鍵とコンドウの鍵を交換してコンドウになりすまし、コンドウの金で自分の借金を返済してまわる。

一方でコンドウは頭を打った事で記憶を喪失し、自分を桜井だと思い込んでしまう。


こういう勘違い物語はコメディの基本です。ものすごく几帳面で出来る男コンドウ、記憶を失ったコンドウをアパートに送った事から知り合いになり、コンドウと結婚しようとする変人女性香苗、人は良いけど何をやっても上手くいかない桜井の絡み合いが実に笑えます。ギャグはシンプルな方が笑えますね。

コンドウと香苗の一種のラブコメ風の要素もある作品ですが、何と言ってもコンドウは冷酷な殺し屋、いくらコメディと言っても果たして上手く行くのかな?と思ったら意外な展開が待っていました。

最近の日本映画ってけっこう面白い作品が多いですね。けっこうお薦めの映画です。





0 件のコメント: