2012年10月27日土曜日

推理作家ポー 最期の5日間

「推理作家ポー 最期の5日間」を観ました。

 R15指定でしたが、確かにそんな場面が一部にありました。グロい・・・という程でもないけど、ちょっとあの場面はどうなんだろう。


 1849年のアメリカ・ボルチモア。密室状態の部屋の中で母親と娘が惨殺されるという猟奇殺人事件が発生する。事件を担当する警視正フィールズ(ルーク・エヴァンス)は、売れない詩人・作家で評論家のエドガー・アラン・ポー(ジョン・キューザック)が過去に書いた推理小説を模した事件だと考えポーを警察に呼び出す。

 更にポーとライバルの評論家がポーの小説と同様に大鎌で殺され、ポーの恋人エミリー(アリス・イヴ)が誘拐された事から、ポーは事件究明の為に警察に協力するようになるのだが・・・。


 有名作家を主人公にしたサイコ・サスペンスで案外と面白かったです。ポーの作品というと私は「モルグ街の殺人」や「黒猫」を随分と昔に読んだきり、熱心な読者でないので作品を真似た殺人事件といってもピンと来ませんが、映画では上手くまとめています。

 ポー役のジョン・キューザックが、格好良い割には少しボーっとした雰囲気を出していて、スパーマンのような推理力を発揮するでもなく、ウロウロしているだけなのが却って良かった。



0 件のコメント: