2013年6月23日日曜日

宝塚歌劇雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編」

 東京宝塚劇場に雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編」を家内と一緒に観に行きました。

 私がフェルゼン編を前回観たのは随分と前、宙組の和央ようかと花總まりがフェルゼンとマリー・アントワネットを演じていました。主役の二人が堂々としていて、特に花總まりのマリー・アントワネットはなかなか大したものだったように記憶していますけど、それに比べると今回の雪組のフェルゼン編は、主役二人の登場場面も少ないし、特にマリー・アントワネット(愛加あゆ)の出番が少なかったように思いました。

 トップスターの壮一帆もそれ程多くの場面に登場しないし、全体的に群像劇という印象で宝塚らしさを感じない舞台。

 個人的な感想では壮一帆は美人で華があるし、歌も上手で良いトップスターだと思いますけどね。

 
 内容はフランス革命に散った人たちの悲劇を描いていて、宝塚らしさがいっぱいでした。やっぱりベルバラは宝塚を代表する演目ですね。








0 件のコメント: