2013年12月14日土曜日

そして父になる

 映画「そして父になる」 を今更ながら観ました。

 私の場合、映画は家族や夫婦で出かけることが多いのですが、私の家族はどうも心温まる映画には関心がないようで、この映画は一人で観てきました。

 エリート・サラリーマン夫婦と町の電気屋さんの夫婦の子供が取り違えられ、子供が6歳になった時に血液型の検査でそれが判明する。その顛末と一部始終を描いた作品になります。

 物語は淡々と語られていく印象です。特に劇的という場面もない。奇をてらう場面もないし、お涙頂戴もない。でも観ているうちに心に染みてくるような映画で、私はこういう作品は好きだなぁ。


 建設会社に務めるエリート・サラリーマン野々宮良多(福山雅治)と妻みどり(尾野真千子)、それに息子の慶多(二宮慶多)を中心に物語は進みます。家族よりも仕事一筋の良多は子供が病院で取り違えられた事を聞いて「やっぱり、そういうことか」と呟いてしまいます。慶多は大人しく良い子ですけど、優秀な良多には物足りなかった。自分にあまり似ていないとも思っていたのでしょう。

 
 一方で小さな電器店を営む斎木雄大(リリー・フランキー)ゆかり(真木よう子)夫婦には、取り違えられた長男琉晴(黄升げん)とその弟・妹の3人の子供がいて、経済的に豊かではないけど子どもと触れ合う事が多い家族です。


 この2組の夫婦はお互いの子供を交換することを決めますが、本当の子供に感じる愛情とともに、6年間一緒に暮らしてきた子供への思いも捨てることが出来ません。

 この事件が起こるまでは子どもと過ごす時間があまりなかった良多が、初めは町の電器屋とバカにしていた斎木家のあり方、本当の自分の子供琉晴への気持ち、そして慶多に父親らしいことをしてこなかった事、でも慶多に感じる親子の繋がりのようなものなどから、人間として父親として成長していく中で見えてくるもの。そのあたりを演じた福山雅治が上手でしたね。

 素敵な映画でした。







0 件のコメント: