2014年9月20日土曜日

オルセー美術館展

 国立新美術館で開催されている「オルセー美術館展」を観に行きました。

 エドゥアール・マネの「笛を吹く少年」がメインのようになっていますが、ミレーの「晩鐘」やカバネルの「ヴィーナスの誕生」など、なかなか見る機会のない名画がたくさん展示されています。

 特に晩鐘は以前西洋美術館に来た時は大きな評判を呼んで、随分と混雑した中で鑑賞した記憶がありますが、今回はそれ程話題になっていないし、展覧会自体然程混んでいませんでした。

 少し不思議な感じ。

 見どころの多い展覧会をゆっくりと観ることが出来て、私としてはとても満足しました。




0 件のコメント: