2014年11月30日日曜日

宝塚月組公演「PUCK/CRYSTAL TAKARAZUKA」

 東京宝塚劇場に宝塚月組公演「『PUCK(パック)』/『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』」を観に行きました。

 「PUCK(パック)」はシェイクスピアの「真夏の夜の夢」を下敷きにした古風な作品かと思っていましたが、美しい人間の女性と夏至の前の日に生まれた妖精との恋を描いたファンタジイ作品でした。演出が上手で話の流れが案外と自然な感じ。全体的にコミカルな作品で悲壮感がないから誰でも楽しめそうです。

 「CRYSTAL TAKARAZUKA」は如何にも宝塚らしいショーでした。それ程主張が強くなくて、こういうところが斬新だというようなところがないように思いましたが、反面手堅くて、最初から最後まで宝塚らしさを感じました。

 最近私が観た舞台だと、シャンソン系の音楽が使われていない気がします。この作品にもなかったな。昔は1曲くらいショーの中で使われていたような気がしますが。


0 件のコメント: