2015年2月21日土曜日

東京都美術館の新印象派展

 東京都美術館に「新印象派展」を観に行きました。「みちのくの仏像」展を観た後で行きましたが、一日で観るには随分と趣の違った展覧会でしたね。

 新印象派というとスーラやシニャックの点描画のイメージが強くて、何となく日本では今ひとつ人気がないように思います。というか、印象派以降の絵画は分かりづらい作品が多くなって、一般庶民の私には今ひとつピンと来ない気がします。

 今回の展示作品も点描画が多かったですね。概ね明るい色彩ですが、どこかモワッとしたというかピントが定まらない感じが私はあまり好きじゃないのですが、マクシミリアン・リュスの作品は少し受ける印象が違っていて、私はこの展覧会で始めてリュスの名前を知りましたが印象深かったですね。

 こういう展覧会を観ると、スーラのというか新印象派の代表作とも言える「グランド・ジャット島の日曜日の午後」を実際に観てみたい気になります。






0 件のコメント: