2015年3月28日土曜日

幻想絶佳:アール・デコと古典主義

 東京都庭園美術館に「幻想絶佳:アール・デコと古典主義 」という展覧会を観に行きました。アール・デコの家具や磁器などを中心に展示した作品展です。

 会場の東京都庭園美術館の本館である旧朝香宮邸自体がアール・デコ建築だそうで、そういう意味ではとても主題にマッチした場所で開かれているということですね。庭園美術館という割には肝心の庭園は工事中で入れませんでしたが、旧朝香宮邸の中にはとても落ち着いた豪華さがあって、どこまでが展覧会用に用意された展示物で、どこからがこの邸宅に普段からあるものなのかがごっちゃになってしまい、アール・デコそのものにあまり興味がない私にもなかなか面白い展覧会でした。

 美術館の新館に古典主義のアール・デコ作家の絵画や彫刻などが展示されていて、チケットになっているプゲオンの「蛇」というタイトルの絵画はここに展示されています。果たして蛇はどこに?と思ったら、下の方にちょこっと描かれていました。アダムとイブを主題にした何かとても象徴的な絵で印象に残りました。

 コンパクトな展覧会ですが、庭園美術館の桜の季節に行くと楽しめそうですね。





0 件のコメント: