2015年11月29日日曜日

宝塚花組公演「新源氏物語」

 東京宝塚劇場に宝塚花組公演「新源氏物語/Melodia」を観に行きました。

 「新源氏物語」は田辺聖子の「新源氏物語」を宝塚のミュージカルにしたもので、なかなか絢爛豪華な舞台でした。源氏物語の舞台化というのは、王朝絵巻といえば聞こえは良いけど、現代の倫理観とは大分違っている平安貴族の恋物語が主題ですので、なかなか描き方が難しいのだろうと思います。

 そうした制約の中で、長い物語をコンパクトに描いていて中々良かったと思います。全体的に舞台がきらびやかで、特にオープニングの鮮やかさは見事でした。


 ショーの「Melodia」も良かったですね。私はショーになると妙に眠くなってしまうことがありますけど、このショーは飽きさせなく躍動感があって、全体的にキレがあって、観ていて楽しかった。

 舞台全体に統一感があって華やかで、何が良いのかなぁと思って観ていましたが、音楽が良いんですね。オーケストラが乗って演奏しているような感じがして、リズム感が良くて、それと舞台のダンスが良く調和していました。最近の宝塚のショーの中では私はこれが一番良かった。




0 件のコメント: