2015年12月11日金曜日

「始皇帝と大兵馬俑」展

 上野の国立博物館に「始皇帝と大兵馬俑展」を観に行きました。



 個人的にはとても興味があった展覧会なのですが、なぜかあまり大きな話題にならず、然程混雑していないという話でしたが、確かに国立博物館の平成館で開催される特別展には珍しく、行列を作ってはいませんでしたね。

 しかし紀元前3世紀に中国大陸に統一王朝を打ち立て、中国のみならずその後の世界に大きな影響を与えた秦の始皇帝の世界を振り返り、1974年に発見されたという「兵馬俑」の遺跡を展示するという興味深い展覧会で、8千体あるという将兵の中から本物が何体か展示されていて、私は圧倒された感じです。

 正直言って今の中国はあまり好きではないけど、それでも紀元前にあれだけのモノを作り上げ、先進的な文明を築いた古代中国には尊敬の念を禁じえません。

 この展覧会は観る価値があると思いますね。



0 件のコメント: