2016年1月23日土曜日

ゆかいな若冲・めでたい大観」展

 広尾の山種美術館に「ゆかいな若冲・めでたい大観」を観に行きました。

 伊藤若冲の生誕300年記念ということで、「HAPPYな日本美術」という副題の通りの少しおめでたい日本画が多かったように思います。

 鶴亀や松竹梅、七福神や富士山など、縁起が良いとされる画題をどことなくユーモラスに描いた作品が多く展示され、観ていて気持ちが明るくなるような展覧会でした。

 今とても人気がある伊藤若冲ですが、剽軽な感じのする「河豚と蛙の相撲図」も良かったですけど、やっぱりお得意の鶏を描いた「群鶏図」は迫力がありました。

 それほど混雑していなくて、ゆっくりと鑑賞できたのも良かったですね。




0 件のコメント: