2016年1月24日日曜日

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」をやっと観ました。

公開前からいつ行こうかと考えていましたが、結局1ヶ月以上過ぎてしまった。

エピソード7となる今回の主人公は、砂漠の惑星に住む若き女性レイ(デイジー・リドリー)になります。廃船からリサイクル可能な部品を回収するサルベージ業のようなことで生活をしている彼女は、本人は自覚していないけど強いフォースの持ち主で、機密情報を秘匿するドロイドBB-8と元ストームトルーパーの脱走兵フィン(ジョン・ボヤーガ)を助けたことから、銀河をめぐる攻防に巻き込まれていくというストーリー。






ハリソン・フォードやマーク・ハミル、キャリー・フィッシャーという懐かしい登場人物と出会えるのが何かうれしい。更に言えばハリソン・フォードは実は主役?というくらい大活躍だし、重要な役柄になっています。

懐かしいし相変わらず最新のVFX技術が派手だし、正統派冒険SF映画と言った感じで面白い作品だと思います。

すごく楽しめましたが、ただ正直言うと最初のスター・ウォーズ(いわゆるエピソード4)のリメイクかな?と思うほど設定やら展開が似ている印象です。

また前作までを観ている人ほど、なぜこんな状況になってしまったの?と思うような設定です。深い説明がないのでピンと来ない。

しかし細部ではおかしなことが沢山有るけど、そんな事を抜きにして単純に楽しむべき映画なんですよね。私はそんな感じで、深く考えずに楽しみました。

ちなみに観たのは2Dの吹き替え版です。吹き替えでないほうが良かったのだけど上映時間が合わず・・・。今はみんな吹き替えが好きなんでしょうかね?




0 件のコメント: