2016年6月26日日曜日

宝塚花組公演「ME AND MY GIRL」

 東京宝塚劇場に宝塚花組公演「ME AND MY GIRL」を観に行きました。

 瀬奈じゅんと彩乃かなみの「ME AND MY GIRL」は多分観に行ったことがあると思います。天海祐希と麻乃佳世の舞台も観たと思うけど、何しろ昔の事は頭のなかから消えていて、細かい場面は不思議なほど覚えていない。おかげでフレッシュな気持ちで観劇できます。

 イギリス・ロンドンの名門貴族の館が主な舞台のミュージカル・コメディです。

 名門貴族ヘアフォード伯爵家の亡き当主が下層階級の娘に産ませた私生児のウイリアム(ビル)が、伯爵家の跡継ぎとしてヘアフォード家にやってくる場面から物語は始まります。ビルはロンドンの下町・ランベスに暮らしていた無教養の青年で、恋人のサリーを連れて、状況をよく理解できないままに弁護士パーチェスターに連れてこられた。

 ビルが伯爵家の跡取りとして認められるためには、遺言執行人であるビルの叔母マリア公爵夫人と、公爵夫人の友人ジョン卿が、跡継ぎとしてふさわしいと認める必要がある。粗野なビルを見て否定的なジョン卿に対して、マリアはビルを伯爵家の跡取りとして問題ないように自分が教育すると言い放つ。

 しかしビルが伯爵家の後を継ぐには、もう一つ彼にふさわしい女性と結婚するという条件があったが、ビルにはサリー以外と結婚する気がなかった。

 マイ・フェア・レディのような雰囲気がある、悪巧みをする人物が登場しないロマンチック・コメディです。

 こういうコメディはあまりハズレがないし、明日海りおと花乃まりあのトップ・コンビも無難にこなしていたように思います。こういった軽いタッチの明るいミュージカルを日本で観劇できるのは、おそらく宝塚歌劇だけのような気がします。





0 件のコメント: