2016年7月18日月曜日

映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」

映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」を、4DX-3Dで観ました。

地球侵略を試みる絶対的な力を持つエイリアンに対峙する人類の姿を描いた1996年のSF超大作「インデペンデンス・デイ」の続編です。







からくもエイリアンを退けた勝利の時から20年後の世界が舞台です。

前回の闘いを教訓にして、地球防衛システムを整備した人類。その戦勝を祝う記念する日に、以前にも増した戦力で宇宙からの侵略者が再び地球に襲いかかる、といった内容のSFアクションです。

相変わらずのアメリカ至上主義に加えて、中国に気を使った配役と設定が気になりますが、SFアクションとしてはFSXの出来栄えも凝っているし悪くはないと思います。

但し、作品の中身が空虚すぎる・・・。細かいことにこだわらずに素直に楽しめば良い類いの映画なのは百も承知だけど、ここまで来るとどうなんだろう。

荒唐無稽は前作も同じですけど、前作はそれなりに筋が通っていたと思います。

しかしこの作品は、20年前の事件を引きずり過ぎなのか、全体的に散漫な印象になってしまい、中身が薄い大作映画になってしまった印象です。宇宙最強とも言えるような凶悪なエイリアンに、数機の宇宙船パイロットたちが気持ちだけで戦いを挑んで勝利するなんてすごすぎる。

私は、いわゆるゲーム酔いをするタイプで、マリオカートで気持ち悪くなってしまいます。正直言って普通の2Dで観たかったのですが、諸般の事情で4DX-3Dで観ざるを得なりました。

はじめの数分で、座席はちょこちょこ動くし、こりゃダメかもと思いましたが、観ているうちに慣れました。この程度だったら問題ないですね。

それが分かった事が収穫です。

続編がありそうな終わり方ですけど、期待できるのかな?





0 件のコメント: